​一般社団法人 低炭素住宅推進普及協会

気密測定
 

気密測定

気密測定とは、建物内にどの位の隙間があるかを測定します。高気密・高断熱の目的は外部からの熱を入れない、内部の熱を逃がさない、気流を止めて結露を防ぐ・・・ですから隙間が多いと意味がありません。窓を閉め切った家の中で気流?と思われるかも知れませんが、こんにちまでの住まいはハガキ4枚程の隙間が普通にあります。ためしにキッチンの換気扇を回して下さい。併せて壁に穴だけ開いているコンセントプレートが ありましたら、そこに線香を近づけて煙の流れを見て下さい。換気扇を動かす前と比べてどうでしょう?床下の気流止めがしっかりされてますか?換気計画(換気計算)がされていても気密の施工があまければ計画どおりにいきません。設計における机上の数字だけでなく、大工さんや設備屋さんの腕を磨くうえでも施工中と施工後の気密の実測が必要になります。気密測定で見えない隙間を可視化しさらに技術を磨いていきましょう。当協会で設計事務所・建築会社・建主から依頼をうけ第三者機関として気密測定を行っています。
 

 

測定機器(1)