長期優良住宅・認定低炭素住宅・ゼロエネルギー住宅は国の政策により「補助金」が活用できます。

数世代に渡って受継げる住宅づくりを義務付けています。長期に渡り内装・設備の維持管理がしやすく耐震性能は勿論のこと高齢者等対策や省エネルギー対策が施されている住宅です。

補助金で建てる

認定低炭素住宅

建築物における生活や活動に伴って発生する二酸化炭素を抑制するための低炭素化に資する措置が講じられている、市街化区域内等※に建築される建築物を指します。外皮の熱性能及び一次エネルギー消費量の基準について一定以上の性能を求めらています。以上のことから冬は暖かく、夏は涼し良い環境がえられます。

ゼロエネルギー住宅(ZEH)

業界用語ではZEH(ゼッチ)「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」とも言われています。一次エネルギー「化石エネルギー」電気・ガスの年間消費量より、住宅で創り出したエネルギーの方が多い又は、その差がゼロになる住宅を言います。太陽光発電などでエネルギーを創り出し余った電気を蓄電しそれを制御するすHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)など、用います。国は2020年 までにZEHを標準的な住宅にするという目標を発表しています。

 

※ 経済産業省(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)と 国土交通省(ゼロ・エネルギー住宅)では、補助金の種類及び申請方法が異なります。

050-7110-5200